PR ping 2024new driver

ピン – G430 10Kドライバー 2024年に新しいラインナップが追加か

2023.11.16

1月10日(水)G430 10Kが公開されました!

PINGで最も慣性モーメントが高く10,000g-cm2を超えており、28gのバックウェイトにより重心はより低く、より深く寛容なドライバーとなっています。LSでも採用されているCARBONFLY WRAP(カーボンフライラップ)が採用され重心位置の最適化が行えています。

g43010kはカーボンフライラップが採用
CARBONFLY WRAP

以下リーク情報

PINGのG430シリーズから「10K」というラインナップが追加されそうです。G430シリーズは昨年11月に発売され1年が経過したところですが、現在G430ではMAX、LST、SFT、HL MAX、HL SFTの5つのヘッドタイプがあります。そこに新たにG430 MAX 10Kというモデルが加わることで6つのヘッドタイプがある充実したラインナップになりそうです。

今回追加されるであろう10Kは何が違うのか?
HLはHighLaunch(高弾道)だということがわかりますが「10K」とはなんでしょうか…?

10Kとは?

pingg43010kドライバー
トゥにMAX 10Kと書かれている

「10K」とは、MOI値が10,000(10K)ではないか?と言われています。

MOI値とは…
慣性モーメントのことで、クラブヘッドの安定性を評価するために使われます。MOIが高いほど、クラブヘッドは回転しにくく、より安定しています。これは、ボールに当たる瞬間やスイング中において、クラブヘッドが目標方向を維持しやすくなることを意味します。一般的に、高いMOIを持つクラブはミスヒットに対しても寛容で、安定感があります。

しかし水平方向のMOI値は5,900が上限とされているため、水平方向と垂直方向を合わせた総MOI値を表すのではないかと言われています。

CARBONFLY WRAP採用

カーボンクラウンのg430
カーボンクラウンが採用か

適合リストに掲載された情報ではクラウンに「CARBONFLY WRAP」が記載されており、LSTのみで採用されていたカーボンクラウンがG430 10Kでは採用されそうです。画像からもクラウンにカーボンが採用されていることが確認できます。

pingg43010k
G430 10Kドライバー
ロフトラインナップは適合リストを確認したところ9,10.5,12となりそうです。
g430 10k drivver
G430 10Kドライバー

MAXとの変更点としてスライドウェイトがなくなり固定になっていることが確認できます。

g430 10k drivver
G430 10Kドライバー

※新しいリーク情報を入手したら更新していきます。(11/14更新)

内容はほとんど同じですがこちらで新しい画像が出てきたので更新したものをアップしています。





自分だけのSTEALTH2を作りませんか?

お気に入りのアイアンをゲットしたら、次に自分だけのカラーカスタムドライバーも見てみませんか?
stealth2カラーカスタムイメージ
9色のフェースカラー
テータメイドの人気ドライバー、ステルス2プラスのカラーカスタム「MyStealth2」も購入できるので、ドライバーとパターで同じスタイルにカラーカスタムしちゃいましょう。




タグ

関連記事

  • ping 2024new driver
    ピン – G430 10K 2024年新作ドライバーの新着リーク画像
  • Callaway ai smoke 2024
    キャロウェイ -「PARADYM Ai SMOKE」2024年新作クラブの情報解禁
  • ドライバー使用率ランキング
    2021年 みんなのドライバー使用率ランキング
  • ping i230iron
    PING 2022年新作 i230アイアン発売【気になる価格やお得なキャンペーンは!?】
  • テーラーメイドバーナーミニドライバー
    テーラーメイド – BRNR mini ドライバーが登場
  • Taylormade 2024new
    テーラーメイド -「Qi10」2024年新作ドライバーの新着リーク画像